忘れがちな引越し手続き|引っ越しは業者に任せて手続きに集中!費用と手間を比較して業者依頼

退去時にも注目!旧居を去る際にも手続きは必要

忘れがちな引越し手続き

玩具の家とトラック

荷物を運んで終わりではない!

引っ越しは必要な荷物の取捨選択をして新居に運んだら終わりというわけではありません。引っ越しをする上では事前から行わなければならない手続きが多く、引っ越しを終えてからもなお手続きに追われることになりがちです。その全貌をよく理解してリストアップしておかないと忘れてしまうことがよくあります。荷物の関係よりもむしろ手続きの方が大変だったという人も多いので、引っ越しは手続きの方が重要という意識を持つのが肝心です。住所が変わることに伴う行政上の手続きや、新居で生活を始めるために必要な手続きは忘れにくいですが、他のことも十分に考慮する必要があります。

旧居の手続きも忘れずに

旧居の手続きは忘れてしまう場合もある代表的なものです。賃貸生活をしていた場合には退去日を決めたら管理会社に連絡しておかなければ解約料を支払うことになります。引っ越しの搬出を終えた後に立ち会いをしてもらって退去手続きを行えるように手配しておく必要もあり、その際に電気やガス、水道も止めてもらう手続きをしておかなければなりません。その間にクリーニング業者に依頼して清掃を行い、原状回復をしなければならない場合もあります。引っ越しと合わせて計画しておかないと何度も旧居に来なければならなくなってしまうのです。

子供に関する手続きは重要

子供がいるときには重要になる手続きもいくつかあります。代表的なのは児童手当の手続きであり、同じ市区町村内に引っ越しをするときには住所変更届を出すだけで継続されますが、他の市区町村に引っ越す場合には手続きが必要です。引っ越し前に児童手当受給事由消滅届を提出し、引っ越し後には児童手当認定請求書を提出する必要があります。そのときに所得課税証明書が必要になるので、児童手当受給事由消滅届を提出したときに合わせて取得しておかなければなりません。この他にも子供が通っている学校や保育園の転校や転園の手続きも行わなければならないのです。

ついうっかり!引っ越しで忘れやすい手続きランキング

no.1

NHKの登録住所変更

どこに住んでいても見られるからこそ忘れやすいのがNHKの登録住所変更です。変更を忘れても特に問題なくテレビを見られるのでいつまでも忘れたままにしてしまうこともあるので注意しなければならない手続きとなっています。

no.2

インターネットの手続き

インターネットの変更手続きは引っ越しの際によく忘れられます。直前になって気づくことが多く、繁忙期には混雑していて開通が遅くなり、新居にしばらく回線が通っていない状態で生活することになる場合も少なくありません。

no.3

郵便の転送手続き

引っ越してから通知や書類が届かないということがよくありますが、旧居の住所に郵便が届いていることがよくあります。郵便の転送手続きは忘れがちですが、オンラインで簡単に行えるようになっているので気づけばすぐに手続きが可能です。

no.4

運転免許証の住所変更手続き

引っ越しをしてから身分証明書として使おうと思ったときに気づきやすいのが運転免許証の住所変更を忘れたという事実です。住所が正しくないと有効ではないと判断されてしまうので早期に行っておかないと苦労しかねません。

no.5

自動車に関する住所変更

自動車に関わる住所変更も忘れることが多いものです。自動車の車庫証明の住所変更は警察署で行い、自動車そのものの登録住所は陸運局で手続きをすることができます。バイクの場合にも必要になるので注意が必要です。

広告募集中